Chat
喫茶Honfleur(オンフルール)の再開を熱望するオウマー・外道達の掲示板

タイトル 画像
Message#から前件を

日から 前を

[ Chat ][,気楽][長文,画, 韓,非常][過去log05-06,07-09,前板,OTD, Zion,予][Café de Honfleur][富士上九,阿蘇2013,東雲,入谷]
[西村リンク,HP,,FS4,26曲,歌3、尊師名曲][軍歌便、,kyvlyB高橋/2YASU虚/遺/覚/僕、元芝/2セイラ、さくら][mixi]
[ち〜故][VC,YT][VT]..[パモ][和井,YK/Yh/板,サン,セガ] [親子][TIP][裁判][山本資料][慧][中沢手紙][爆弾娘][秋陣M派,A派,神風/2]
[ひかり輪,上祐,>信,用語,道場,声][Aleph][APF][AST/2,四,真][シヴァ,神々,/2][色/2][記号][串,,IP] [脳/名][archive/短][Google]
[足立区線量][日野市線量][全国放射線量文科省][独気象局拡散予報][雨の放射能濃度][全国地震情報][福島から距離]

非常識に長いURLの貼付は荒らしと見なします!上記「短」サイトで短縮URLとしてください

クリックで拡大表示

まいんどこんちょろぉる
危険!

クリックで警視庁サイトへ
最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降(0) 2日前以降(0) 3日前以降(0) 4日前以降(0) 5日前以降(2)
アーカイブ リンク タイトル 画像 サーチ 携帯モード セットアップ
ツイート
更に前100件 
Message#8275 2007年8月8日(水)21時59分
From: 名無し
M派報告書 2005年10月大阪道場
同じく2005年10月大阪道場分裂のM派の報告書

A派の報告書を書いた水野自身が、この報告書の最後に「この報告書は事実である」と署名しているところが興味深い

氏名の一部を伏せ字に、あとは原文のまま

**********************************
■10月10日
 大家さんから堀とわたしが呼ばれ、19時から大家さんの自宅で“大阪道場が入居しているビルの契約に関して”を菅○さんを交えて話し合いました。
 結論としては、今後も今のビルで活動を続けていくために大家さんからの要望として大阪道場の賃借人の名義変更および連帯保証人の選定をする運びになりました。
 理由(話し合いの内容)は以下の通りです。

<大家さんおよび大家さんの代理人である菅○さんの話の内容>

@今後も家主として付き合いをしていく上において確認をしたいことがある

A被害者補償活動が思うように進んでいないようだが、いろいろと当局のメスが入ったりで経済的にもいろいろと大変なのだろう

Bそこへ教団が分派にわかれて揉めていると聞いている。これは今までの世間の事例から鑑みてもよくないことだ。

Cごたごたが続くようであれば場合によっては解約もありうる。公になるようだったら借りてほしくない。

Dもともと問題のある組織なのに、派閥争いをしていたら一層注目を浴びるだけ。

E今まで地域住民の反対運動で地位・名誉を失いながらも、信念に基づいてがんばってきたが、果たして今後も貸し続けていいものかどうか考える時期に来たと思う。
※以上、東野さん発言

Fそもそも上祐さんと話をして、この人間なら大丈夫だろうと思って貸した。堀さんは単なる名目人。

G2003年7月に公安調査庁の立ち入り検査時に出家信者の浜村による検査忌避があり、有罪判決が出ている。

H入居前にお互いに確認した厳守事項の「法律に違反することはしない」に触れている。

I契約書第25条(特約事項)の六、「本契約期間中に乙及び使用者が解約に値する犯罪行為等に関与した疑いがあると甲が判断した場合、もしくは犯罪行為が行なわれ
た場合は、契約期間中であっても契約の残存期間にもかかわらず乙は本物件を即時明け渡す事を承諾する。」にも抵触する。この件に関しては、今まで保留にしていた


Jさらに借主の堀さんに対して、反対住民側から、在家信徒への布施強要事件の暴露が示されている。

K調べたところ、被害者である在家信徒の親から被害届けが出ていないだけで、当局は親を説得中とも聞いている。

Lよって、堀さんが指導者であるのはおかしい。公になれば犯罪である。教団内でもやってはいけないことである。住民運動のネタとしても検討されている。

M以上、結論として、今後も派閥争いで揉め続け、上祐代表に素直に付いて世間を騒がせないように努力していかないのであれば、賃貸契約は解約したい。教団内の揉
め事にはかかわりたくない。

N今後も同ビルで活動を続けていきたいのであれば、上祐代表に来てもらい、借主の名義変更、および空白の保証人に名前を入れてもらう。
※以上、大家さん代理人・菅○さん発言

O堀さんの立場で今話したことは上祐代表に話してもらわないとこまる。
※以上、大家さん発言

P(大家さんと上祐代表が日程調整後)10月14日21時に大阪道場で再契約手続きをする。堀さんに一緒に立ち会ってもらって、はっきり話を聞きたい。
※以上、大家さん代理人・菅○さん発言

Q堀もわたしも特に異論は唱えなかった。

R杉浦副代表に報告・相談の連絡を入れたが連絡がつかなかった

S秘書室を通して上祐代表へ連絡し、10月14日に再契約手続き(名義人変更および保証人の選定)をする運びになった。

■10月11日(火曜日)
堀と村松が大家さん宅を訪問し
@10/10の事実確認を行った(村松、大家さん)

A再契約手続きにおいて賃借人を上祐さんにする事については、池○の勘違いではないか(大家さん)

■10月12日(水曜日)
 菅○さんから堀に、代理人である菅○さんを通さないで大家さんと勝手に話を進めたことに抗議。教団の揉め事にあまりかかわりたくないこと、仕事中にアポイントをいれずにいきなりこられても困るので、代理人を言い付かったことを改めて説明があった。


■10月13日(木曜日)
村松、堀、水野、池○で大家さんと話し合い
@村松から賃借人は堀のままで、連帯保証人は杉浦実にしたい申し入れがあった。

A数回にわたって、契約人、保証人の件で村松から注文を付けられたことで、大家さんは「決めるのは家主」と不快感を示した。

B再契約手続きに関して、村松が大家さんに保留にすることはできないかを伺ったところ、大家さんの回答は、「保留にはできない。ただし14日でなくてもかまわない
」ということであった。

C堀が大家さんへ「弁護士に連帯保証人の件について相談しに行ったので待ってほしい」旨を連絡。

D大家さんは、「連帯保証人を決めるのは君らではなく大家であるわたしが決めることである」と伝えた。

E大家さんは堀の立場をわきまえない身勝手なお願いに対し怒りを憶えた。

■10月14日(金曜日)
@昨日の堀の電話に対し納得ができない大家さんは、急遽賃貸借契約における事項に基づいて、19時に大阪道場で上祐代表、堀との話し合いの設定を求めてきた。

 以下、大家さん、大家さん代理人菅○さん、上祐代表、堀、村松での話し合いについて

<10月14日話し合い>
@10月10日の話し合いを基に展開

Aまず大家さんから、土曜日の勉強会に全信者を呼んで上祐代表と堀にそれぞれの考え方および主旨の説明を行うよう提案あった

B上祐代表は大家さんの提案を承諾した。一方堀は断った。

C大家さんは断る理由を堀に求めたが、合理的な説明はなされなかった。

D村松が傍らのいすに肘をかけてニヤニヤしていたため、上祐代表が態度をたしなめたところ、村松は反省をせず「けんかを売りに来たんですか」と場にそぐわない発言をした。

E大家さんは「あなたは社会の中で『けんかを売りに来たんですか?』と言える立場か?」「にやりと笑う、その笑顔はこの場では不釣合い」などと、村松のその態度
をたしなめた。

F村松から「上祐代表は、修行中の身なので活動権はない」などの発言があった

G同じく村松より「道場を管轄しているのは村岡と二ノ宮なので、二人の相談・許可が必要」と発言があった。

H菅○さんより、「二宮は『公安調査庁を挑発する発言』、『反対派住民が死去したのに対して悪業を積んだカルマの結果だ』などという説法をした。一方村岡は『ポワ発言』をしてるなどの事実があった。以上より、二人の幹部に対して当該建物には立ち入り禁止にしたい」旨を発言があった。

I上祐代表が「兄弟子である自分のまねをしているだけなので、責任を持って注意する。許してください」と大家さん、菅○さんに謝罪し、両名の立ち入り禁止は撤回
してもらった。

J大阪在家信者有志から「要望書」の提出が大家さんにあったので、それを読み上げた後、堀に渡した。

Kその後、その場に参加していた信徒から「ぜひ勉強会をやってください。お願いします」と堀に要望があった。

L再三再四、堀に「明日の勉強会で、お互いが時間を決めて主義主張が違うだろうから、それぞれの主張をせよ」と大家さんが回答を求めたところ、誰もが納得できる合理的な回答はなく、堀は拒否した。

M代理人、菅○さんが
・二宮の「公安調査庁を挑発する発言」、「反対派住民が死去したのに対して悪業を積んだカルマの結果だ」などの説法
・村岡の「ポワ」発言
・上記のような無責任な発言をする二ノ宮、村岡らが幹部であることの問題
・話し合いの最中に肘をかけながらニヤニヤしていた村松の態度
・謝罪ができない、決断できない、人の心がわからない堀の態度
以上を踏まえ、「2003年検査忌避事件は執行猶予とはいえ、有罪である。よって賃貸借契約厳守事項に違反する。即時退去を求める。なお、原状回復・明け渡しまでの
期間として11月30日までとする。以上」と通告して大家さん、菅○さんは去った。

Nなお当日は、半●が尋ねてきた信徒を玄関のインターフォンで「道場は立ち入り禁止」と伝えて、数名の信徒を話し合いに参加させずに帰した事実があった。

O大阪道場居住の出家信者である半●、垂▼、松▲は、大家さんの話を聞く義務があると思われたが、指示によるものか自分の意思によるものかわからないが、残念な
がら話し合いには参加しなかった。

Pその後、村松、堀ら数名の師が、4F第一道場の祭壇を解体、修法物を撤去した。


10月15日(土曜日)
@オウム真理教対策市民の会役員・玉●さんと菅○さんが道場に来た。

A上祐代表と吉●○子が応対し、菅○さんより14日の話し合いの結果報告があった。

B堀を賃借人から外し、新たに暫定的に当該ビルの正管理人を上祐代表に、副管理人を吉●○子に任命したことなど、以上を玉●さんに報告した。

C菅○さんと池○がそれぞれ大家さんへの謝罪を堀に電話で数回求めたが、堀からの連絡はなかった。

D上祐代表が大家さん工場事務所へ昨日の非礼を侘びに行き、解約・退去通告の取り消しをお願いしていたところ、村松から「今回の大家さんからの解約・退去通告に
ついて裁判で争う余地がある」旨の発言があったとの連絡が入り、大家さんおよび菅○さんはは非常にあきれたと同時に激怒した。

E連帯保証人に「杉浦実」の名前が村松から示されていたことより、大家さん、菅○さんが杉浦副代表と連絡を取りたいとの希望があり、池○が連絡を試みたが連絡は
取れなかった。

F堀が「大家さんと会いたい」と連絡。残念ながら大家さんに対する非礼の侘びは一切なかった。大家さんは「きみとは昨日で縁は切れた。次に会うときは明け渡しのときだ」と回答。

G上祐代表による勉強会を大阪道場で行った。菅○さんも参加して話を聞いた。

H村松らは、東成区今里にあるヨーガ道場へ信徒を集めた。

I同じ仲間同士、大阪道場でやればいいのにと、大家さんの気持ちとしては裏切られた感じ。

J村松の取った行動は、教団を割るがごときことに対して、大家さんと代理人菅○さんは激怒し、あきれ、今後貸す意思はないと通告された。


「所見」
・借主変更は非常に困難な状況ですが、粘り強く交渉をしております。
・また、東成区今里にあるマンションの代替道場(継続)使用は、契約内容に違反する恐れがあり、今後社会問題になり、追い込まれる可能性が懸念されます。


○家主代理人・菅○氏承認済み。「ここに記載されていることは事実である」
○水野チェック済み

更に前100件 
最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降 2日前以降 3日前以降 4日前以降 5日前以降
nerimb5.cgi Ver. 5.054
Copyright(C) 1997-2010, hidekik.com
当掲示板の内容は全て冗談です。冗談を解する方のみ閲覧してください。