携帯用板|Chat
喫茶Honfleur(オンフルール)の再開を熱望するオウマー・外道達の掲示板

タイトル 画像
Message#から前件を

日から 前を

[ Chat ][,気楽][長文,画, 韓,非常][過去log05-06,07-09,前板,OTD, Zion,予][Café de Honfleur][富士上九,阿蘇2013,東雲,入谷]
[西村リンク,HP,,FS4,26曲,歌3、尊師名曲][軍歌便、,kyvlyB高橋/2YASU虚/遺/覚/僕、元芝/2セイラ、さくら][mixi]
[ち〜故][VC,YT][VT]..[パモ][和井,YK/Yh/板,サン,セガ] [親子][TIP][裁判][山本資料][慧][中沢手紙][爆弾娘][秋陣M派,A派,神風/2]
[ひかり輪,上祐,>信,用語,道場,声][Aleph][APF][AST/2,四,真][シヴァ,神々,/2][色/2][記号][串,,IP] [脳/名][archive/短][Google]
[足立区線量][日野市線量][全国放射線量文科省][独気象局拡散予報][雨の放射能濃度][全国地震情報][福島から距離]

非常識に長いURLの貼付は荒らしと見なします!上記「短」サイトで短縮URLとしてください

クリックで拡大表示

まいんどこんちょろぉる
危険!

クリックで警視庁サイトへ
最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降(3) 2日前以降(5) 3日前以降(5) 4日前以降(5) 5日前以降(5)
アーカイブ リンク タイトル 画像 サーチ 携帯モード セットアップ
ツイート

Message#39740 2010年10月26日(火)10時56分
From: YASU
amkさんのサイトには、ここのリンクがなかったですね。
A原理派に嫌われていたんですな。
今も?




最後に


一生懸命修行すれば、
やがて尊師は帰ってくる、
という声を教団内でちらほらと聞く。

だからというわけでもないが、
何故か教団の中にいると
かつてのグルとしてしか
尊師を見る事ができなくなるのだ。

ところがそれは過ぎ去った事で、
今望まれるのは尊師がグルとして教団に戻る事ではなく、
尊師が人類の救世主として立たれることだと思う。

尊師ご自身も自らをキリストとして認識され、
新約聖書にある再臨のキリストに関する予言を
成就されてきている。
それはシヴァ大神からの啓示だといわれていた。

例えば尊師はロシアへ行かれたが、
これはラジオ放送「御国の福音」のためであった。
空港で「予言の成就のためにロシアへ行く」旨の説法をされたと聞く。
新約聖書によれば「御国の福音」が全世界に述べ伝えられるまでは
世の終わりは来ないのだ。
また、尊師は自ら「真理の御霊」を名乗られていたが
もちろんそれは新約聖書の記述と偶然一致したのではない。

そして尊師がキリストとして立たれれば
当然メーソンとアレフは融合される事となる。
潜在意識の浄化を中心としたアレフと
潜在意識の力の増大を志向するメーソンが
キリストの下で融合するのは実に好ましく思われる。
この時、阿羅漢が3万人出るかもしれない。
これをもって尊師の復活とするのが
現在のところ最も希望に満ちた考え方であり、
それ以外は未来のない暗い悲観論であるか、
あまりにも単純な「やればできる」的精神論だ。

尊師に対する徹底的な調査によって
メーソンが尊師の実力を認めるに至ったことは想像に難しくない。
最終戦争とは聖と邪悪との戦い、
即ちフリーメーソンの中で救世主を認める勢力と、
それを認めず、あくまでも自分達自身で此の世を
エゴに基づいて支配しようとする勢力が
衝突する戦争だと考えられる。
フリーメーソンの陰謀に関する尊師説法もあるが、
しかし現状ではそのような説法はあまり表に出されないようだ。
陰謀論などは現在の教団内ではタブーになっている。

尊師の救済計画は失敗した、という声を聞くが
それは理解できない。
事件が起こり、尊師と多くの高弟方が拘置所へ入られた。
しかし尊師は"最後の10年間"について予言されており、
大変な苦難を覚悟している、との言葉を前もって残されている。
即ちすべては計画通りで失敗とは考えられない。
尊師の逮捕、拘留をもってオウム真理教は失速したが
元々オウム真理教が発展し、その延長で尊師が王になるとは
尊師は言われてない。尊師の前世談、
阿修羅王の話でそのようになっているだけだ。
尊師が自らキリスト宣言されたからには
世界の認めるキリストとして立ち、
そして人類を救済する事こそが救済計画の要であるに違いない。

ところで、
尊師の逮捕された95年をもって"最後の10年間"が始まったと考えれば
2005年を一つの契機と読むことができる。
2005年、この数字はあちらこちらでたびたび耳にしている。
しかし、どうなるかは全くわからない。
また、尊師の残された予言の現象化が遅れている事については
尊師に原因があるのではなく、
メーソンによる世界のコントロールの方が遅れているのだ。
尊師の前世のお弟子方、即ち近代メーソンリーは尊師の説法通り、
あまりできが良くないのではないか。

宗教弾圧を続けてきた此の世を支配する勢力にとって
今や教団の存在はなんの脅威でもなくなった。
もちろん真理の法則は社会を根本的に
変革する力を持っている。しかし
現教団は社会に影響を与えるような
大きな力を持つ事が無いようにコントロールされている。
彼らの意向に従わなければ教団はおそらく潰されるだろう。
オウム真理教とアレフではこの点が違う。
彼らのコントロール下にある限り、真理の地球を作ることは
残念ながら不可能だと思われる。
したがって今の教団の役割は個々人の修行を進める事と、
何よりも非常にステージの高い魂である残された尊師のご家族を
お守りする事だと思う。

教団の修行者は功徳を積み、天界のカルマによって
ある程度の自己満足を得ている。
これについては、ある師も次のように言われていた。
「現在教団に残ってる人たちは天界のカルマの人たちが多い。
去って行った人達は阿修羅のカルマが強かった」と。これは興味深い。
脱会信者は批判的だが、それは彼らが阿修羅的であり
天界に戦いを挑む性格を有しているからだ。
ところが尊師の説法によると世の終わりには立場が逆転し、
天界は水の中に落ちるという。
そして阿修羅が天界へ上がるというが、
これは教団からの脱会者が多く存在する現世の方に
尊師が戻られる事を暗示しているのではないだろうか。

とにかく
尊師が人間界の王になる事は全く簡単なのだ。
此の世の支配者であるメーソンが現在の独居房から、
王に相応しい神殿に尊師の座を移せばよい。それだけだ。
キリストによる世界の統治、これは「現世」と「凡夫」の消滅を意味する。
尊師と縁のある魂は必ずやもう一度
尊師の元へ集う事になると思う。
そこから本当の救済ストーリーが始まる。

元々オウム真理教は尊師がキリストとしての
実力を世に示すために作られた団体だったかもしれない。
再臨するキリストに関するヒトラーの予言に、
「東方がその実験場になる」という言葉がある。
オウム真理教によって尊師は再臨のキリストとして認定され、
その役割を正しく果たしてオウム真理教は終わったと考えるならば、
これはまさに正確な状況を予言した言葉だったと言える。


このHPに関して
道場などで声をかけてくれた方々、
閉鎖を惜しむメールを送ってくれた方々、
ありがとうございました。
そして「ニヒリストの憂鬱BBS」に集う方々、
ありがとうございました。
尊師が復活したら一緒に修行しましょう。
その時を楽しみにしていますので。

そういえば
かなり前の話、夢を見た。
そこではすでに尊師が人類の王として立ち、
これから王自らが人類の救済をされようとする場面。

人類の救済とは特別な事ではなく
仏法を流布し、人々に真理の実践をさせる事。
人々は尊師をキリストとして認め、
お弟子方は煩悩を遮断した聖者として見られていた。

ところが、人々はなかなか修行をやろうとはしない。
自分もそんな中の一人でやはり修行をせず、
同じような仲間とたむろしていた。
なんとなくブラブラしていたのだ。

その時はどこかビルの上の方にいた。
近所には説法会場があり、
そこでは成就者による説法が毎日行われている。
ふとビルのベランダから会場の方を見ると、
なんと尊師とお弟子方が
会場に向かって歩かれている。

それを見て仲間のひとりが言った。
「あっ、今日の説法は尊師だ!」
自分は「あ、ほんとだ」と答えた。



最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降 2日前以降 3日前以降 4日前以降 5日前以降
nerimb5.cgi Ver. 5.054
Copyright(C) 1997-2010, hidekik.com
当掲示板の内容は全て冗談です。冗談を解する方のみ閲覧してください。